結婚のすべて

服装に関するマナー

白は花嫁の専売特許

白は花嫁の専売特許

招待状にも出席の印をつけて返信。次は・・・?そう、服装です。何を着ていけばいいのかけっこう迷うものです。その結婚式のスタイルにもよるし、招待客の年齢層や規模にもよります。

どんな結婚式にも当てはまるポイントがひとつあります。それは「白は避けること」です。原則的に当日、白を着ていいのは花嫁さんだけ。その日の主役のみです。主役よりめだってしまう服装は失礼ですので要注意です。

当日はあくまで花嫁さんの引き立て役に徹することを心がけてください。華やかな場だし、久しぶりに会う人もいるからドレスアップしたいのはヤマヤマですが、結婚する二人を祝福する気持ちを第一に考えてあげましょう。

ページのトップへ ▲

なに着ていく?女性編

結婚式って日常とはちょっと違う空気です。それだけに着ていくものって迷ってしまいます。華やかな場だし、久しぶりに会う友達もいる。めいいっぱいおしゃれして行きたいというのが、女性の心理です。

なに着ていく?女性編

一般的に結婚式といえば、ワンピースやスーツですが、そこに少しアレンジを加えたらどうでしょう。招待客の服装は、実は結婚するご両親にとっても気になるものです。「類は友を呼ぶ」という言葉もあるように、招待客の服装がギラギラの派手なものだったら、お姑さんは花嫁さんのことをどう思うでしょう。「この子は本当は派手好きなんじゃないかしら」晴れやかな式の日から、嫁姑戦争が始まっては大変です。

近頃は結婚式は新手の合コンのように思われがちですが、主役である友達を純粋に祝う気持ちで節度のある服装をこころがけましょう。

ページのトップへ ▲

ワンピース

ワンピースなんて普通すぎる!そう思う人も少なくないはずです。しかし、一番応用がきくのは、ワンピースです。

ワンピース

今は冬でも、ノースリーブに抵抗がなくなりました。しかもノースリーブは、それだけで上品になれます。また、コサージュをつけてみたり、ショールを羽織ってみたりするだけで、ぐんとゴージャス感がアップします。ショールは寒さ対策にもなります!

例えば、黒のノースリーブやキャミソールタイプのワンピースに、ピンクの大きめな花コサージュをつけたり、蝶のビーズブローチを重ねづけしたり。ワンピースがシンプルなほど、つける小物でどんなスタイルにもできます。かわいく飾りたい人には、ショールがお勧めです。パステルカラーやふわふわ素材のものを羽織ったり、首にフワッと巻くだけで完成です。足元は、夏ならミュールやパンプス、冬ならブーツもいいと思います。

ページのトップへ ▲

スーツ

スーツ

結婚式は、すこしゴージャスにいきたいものです。そんなときにオススメなのが、1つボタンや2つボタンの襟が縦に開いたタイプのスーツがいいでしょう。パンツスーツならかっこよくもかわいくも着こなせます。

かっこよくしたいなら、インナーをシンプルなキャミソールやノースリーブに。かわいくしたいならフリルのついたスタンドカラーシャツや、キャミソールに。

なんでもこなせるスーツはアレンジ次第で、どんなふうにも使いまわせる優れものです。黒なら小物に色を加えて華やかさをプラス、色物なら派手にならないようにシンプルに着こなすのがいいのでしょう。

リクルートスーツしかないという人は、インナーと小物に気を配りましょう。ジュエリーに少し高級感を出すなどして工夫すれば、結婚式でもじゅうぶん通用します。足元は、夏ならミュールやパンプス、冬ならブーツでもいいと思います。

ページのトップへ ▲

着物

着物

「着物は苦しいからイヤ」という人もいるかもしれませんが、洋服生活の今、日本人なのに正装である着物を着る機会ってなかなかないのが現実ですが、結婚式といえば数少ない着物を着るいいチャンスです。着物は着ると自然に振る舞いが御しとやかになり、不思議なもので、言葉づかいもなんとなくきちんとしたりしますよ。しかも着物だと多少派手でも、なぜか高感がもてます。

着物は季節を問わず、また小物も洋服のようにいろいろはいりません。着るときにすこし大変ですが、その分失敗は少ないです。

ページのトップへ ▲

メイク

メイク

女性にとって、メイクも自分を演出する重要なポイントです。服装がいくら決まっていてもメイクが派手ではチグハグになってしまいます。派手とゴージャスは違います。着ていく服から一色とって目元に入れたり、やさしい目になるようにブラウンのマスカラを使ったりするのもいいでしょう。

ノースリーブでもベロアやシフォンなどの素材で季節感が出せるように、メイクにも季節感を出すように心がけ、ヘアスタイルも服装、メイクと合わせましょう。一番のポイントはすっきり見せることです。全体のバランスを見て一番合うものにしましょう。しなれない人は、当日までにリハーサルをしてみるのがお勧めです。

ページのトップへ ▲

なに着ていく?男性編

なに着ていく?男性編

決まった制服のある職業の方は、結婚式などの正式な場で正装として制服を着ていますが、結婚式で、スーツと和服以外の男性はあまり見かけません。

スーツは会社用でも、シャツやネクタイで「ふつう」から脱出することができます。柄物のシャツを着たり、細めのネクタイをしめれば一気におしゃれ度が上がります。でも、柄シャツは選び方によっては逆効果になりますので注意が必要です。フォーマルな場とはいえ、お祝いの席ですので、リングをしたり、ポケットにスカーフをさしたり、小物も役に立つでしょう。

ページのトップへ ▲