結婚のすべて

費用

衣装にかかる費用

衣装にかかる費用

結婚式で着るような色ドレスやタキシードは、当日が過ぎればなかなか着る機会はありません。ですが、一生に一回のウェディングドレスは自分のを着たいという女性も多いでしょう。10〜30万円が貸衣装代の相場と言われています。実は、貸衣装代ほどの値段でウェディングドレスが作れるんです。もちろん上を見ればキリがありませんが、同じ金額なら当日のみの貸衣装よりも、もしかしたら娘にも着せられる自分のドレスの方がいいという花嫁も増えています。

衣装にかかる費用

「自分のドレスを着たい。でもお金がない。」という人には、中古ドレスや海外製もオススメです。かつて海外製品は日本製品に比べ、縫製が雑であったり、デザインやサイズが大雑把で品質的に日本人の好みではありませんでした。しかし、近年海外製品の質の向上や日本企業の現地工場による技術指導により、日本製にひけをとらない品が安く作れるようになりました。貸衣装にするか、仕立てにするかはあなた次第です。それぞれの情報をよく比較してステキな花嫁になってください。

ページのトップへ ▲

披露宴にかかる費用

披露宴にかかる費用

会場、お料理、引き出物、装飾用のお花など披露宴は何かと物入りです。招待客の人数や会場にもよりますが、ざっとみて300万円程が相場とされています。ホテルでの披露宴が一番高く、結婚式場、レストラン、公共施設、結婚式場のパックプランの順で費用がかかるようです。しかし、披露宴自体にかかる費用は、実はご祝儀でまかなえるのです。1人3万円として、80人招待すると、240万円です。あとは、足りない分を当人側で補えばいいわけです。

披露宴にかかる費用

大まかな内訳は次のようになります。会場代・・・100万円〜、飲食代・・・一人当たり1万円〜、貸衣装代(含お色直し)・・・新郎約20万円、新婦約35万円、ブーケ代・・・2万〜、会場装花代・・・約10万円、引き出物代(含引き菓子代)・・・一人当たり5千万円〜、写真代・・・約15万円、ビデオ代・・・約10万円。

こうやってみるとご祝儀は重要です。しかし、支払いは通常、披露宴当日より前なので、貯金がないカップルは借りることになります。

ページのトップへ ▲

挙式にかかる費用

挙式にかかる費用

結婚というのはけっこうお金がかかるものです。ジミ婚や入籍のみで済ませてしまうカップルも大勢いますが、ここでは挙式、披露宴とフルコースで行う場合の費用を考えてみたいと思います。

まず、挙式です。ホテルや結婚式場に常設されたチャペルや神殿で行う場合は、挙式と披露宴がセットで提示されることが多いようです。教会、神社での結婚式もたいていは挙式費用というのが提示されています。ただ、教会、神社によって費用の納め方というのは一様ではありません。中には、気持ちを献金として納めるというところもあります。いくら納めたらいいかわからないときは、式を行うにあたってどのくらいの費用が相手側にかかっているかを伺い、それに気持ちをつけて納めるのがいいのではないでしょうか。

挙式にかかる費用

教会、神社、寺院での結婚式は、人数に応じて2万〜行えるようですが、相場としては10〜30万円のようです。貸衣装、控室使用等が含まれているところもあります。

ページのトップへ ▲