結婚のすべて

衣装

白無垢

白無垢

白無垢(しろむく)とは、神前結婚式や仏前結婚式の時に花嫁が着る正装で、掛下、帯、打掛、小物まで、全てを白一色にした和装のことをいいます。白無垢には名前のとおり、清らかで汚れなく、まっさらな状態で嫁ぐという意味が込められています。

本来は武家の婚礼に用いられたもので、「嫁ぎ先の家風に合わせてどんな色にも染まります」という決意を込めた装いでした。頭には角隠し、または綿帽子をかぶります。披露宴では、白無垢の後にお色直しで、色打掛に着替えます。これは嫁ぎ先の色に染まりましたという意味の表れです。

白無垢

日本では葬儀のとき、仏に白い衣を着せますが、これは魂が彷徨わないようにとの意味が込められています。白はもともと弔いの色でした。こうしたことから、花嫁に白無垢を着せるのは出戻ることのないようにとの願いも込められていると言われています。

ページのトップへ ▲

文金高島田

文金高島田

結婚式で花嫁が和装をする場合の日本の代表的な髪型です。もともと島田髷(まげ)は未婚の女性の髪型で、既婚女性の髪型は丸髷とされていました。文金高島田は江戸時代には大いに流行し、明治時代から花嫁の髪型として定着しました。

文金高島田

文金高島田の由来にはいろいろな説があるのですが、一つには江戸時代中期に結い始められた文金風の男髷が女髷に移り、現在のような形に発展したと言われています。また、徳川吉宗八代将軍の時代の貨幣の呼び名が文金だったことから、縁起がいいとされ髷の名前に付けられたとも言われています。 

文金高島田は、針や楊枝(ようじ)などを髷に入れて高くしたので、針うちとも呼ばれたようです。文金高島田は高島田と呼ばれる髪型の中で、特に髷の根が高く、華やかな髪型です。地毛で作るには大変なので、かつらが主流となっています。

ページのトップへ ▲

角隠し

角隠し

角隠しとは結婚する際に、文金高島田の上にかぶる白い布のことを言います。角隠しという名前の由来は「女性は嫉妬に狂うと角が生えて鬼になる」という言い伝えからきたようです。そして鬼になるのを防ぐために結婚式でかぶるようになったと言われています。

また、長い髪の毛には霊力が宿るとされていて、新しい家に嫁ぐ際に「災いを一緒に持ち込まないように」という考えもあるようです。

角隠し

しかし実際には、角隠しや綿帽子は、塵よけや防寒具としての意味合いが強かったようです。それが花嫁の恥じらいを包み隠し、神秘性を深めてくれるということで、今では白無垢にかかせない小物になったというわけです。

ページのトップへ ▲

打掛

打掛

打掛は室町時代以降の武家女性の礼装とされていました。そもそも打掛とは小袖の上からもう一枚同形の衣をひっかけたスタイルを意味しています。

打掛

打掛には、生地、糸、刺繍など全てを白で統一した「白無垢」とそれらを彩り華やかにした色打掛とがあります。結婚式では挙式に白無垢、披露宴に色打掛を羽織るのが一般的ですが、色打掛も白無垢と同格の婚礼式服です。染め付けや刺繍で、松竹梅や宝船などの吉祥文様を表し、大変鮮やかに作られています。その色は原色が多く、一見派手になりすぎそうですが、バランスが取れていて落ち着いた雰囲気をかもし出す、日本の伝統服です。結婚式ではウェディングドレスを、披露宴では色打掛をと、両方着用する花嫁も多いようです。最近は、神前結婚式の人気にともなって打掛姿の花嫁をよく見かけるようになりました。

ページのトップへ ▲

ウェディングドレスとお色直し

ウェディングドレスとお色直し

ウェディングドレスとは、結婚式に着用する神聖なものです。純潔を意味する純白のドレスが協会指揮の正装です。しかし、18世紀代までの貴族は、金や銀で織られた高価なドレスを着用していました。純白のウェディングドレスを着るようになったのは、19世紀ビクトリア女王の時代に入ってからだそうです。

ウェディングドレスとお色直し

日本では、ウェでリグドレスの後にお色直しをして、色ドレスを着る花嫁が多いですが、お色直しというのは日本特有の習慣で、海外にはありません。お色直しには本来、儀式的な理由がありました。正式な陰の式(白一色)から陽の式で赤一色に着替えたことや、また白は神の色であるため、飲食する際には人間の色(白以外の色)に着替えなければならないなどの理由があるようです。そこから、華やかな披露宴の席では、色ドレスに着替えるようになり、男性にもお色直しという習慣が生まれました。お色直しの回数は平均して2〜3回です。

ウェディングドレスとお色直し

ページのトップへ ▲

ウェディングドレス用下着

ウェディングドレス用下着

ブライダルインナーともいわれ、ドレスを着こなすための下着です。バストをアップさせたり、ウェストをシェイプしたりと、通常の下着よりも矯正効果が高いものが多いです。

ウェディングドレス用下着

この下着は直接肌に触れるものなので、基本的にはレンタルができません。花嫁は購入することになります。通常の下着でも問題はないのですが、ブライダルインナーはストラップレスでも安定感があり、また背中の開いたドレスを着ても、しっかり隠れるようにデザインされているのでより綺麗なラインを作り出せます。せっかくのウェディングドレス姿ですから、ブライダルインナーを大いに利用して美しい花嫁になってください。

ブライダルインナーは、下着メーカーで販売しています。また、ブライダルインナー専門のショップもあるので、いろいろ試して自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

ページのトップへ ▲

4大花婿衣装

4大花婿衣装

タキシード、紋服、フロックコート、燕尾服のことです。結婚式で花婿が着用する衣装には、特に決まりはないのですが、この4つのうちどれかを選べば間違いないでしょう。

タキシードとは、夜間の男性用礼服で、スーツのジャケットと形は同じですが、襟に光沢のある素材をつかっているところが特徴です。黒の蝶ネクタイ、サスペンダー、ポケットチーフなどを組み合わせるのが正装です。

紋服とは、黒地に白く五つ紋を染抜きした、男性礼装用の和服のことで、紋付袴とよく言われますね。

4大花婿衣装

フロックコートとは、昼間の男性用礼服で、長めの袖がついた、丈の長いジャケットが特徴です。結婚式では、光沢のある素材のものが好まれ、華やかで存在感があると人気上昇中です。

燕尾服とは、ジャケットの背中部分の裾が二つに割れていて、ツバメの尻尾のような形になっていることから名前が付きました。白の蝶ネクタイ、ポケットチーフ、立て襟シャツなどを組み合わせるのが正装です。

ページのトップへ ▲

お色直しの回数

お色直しの回数

男性でもたいていの人が「タキシード+フロックコート」と1回はお色直しをしています。女性ならなおさらこんなにドレスを着れる機会はそうそうあるものではないですからウェディングドレスはもちろん、白無垢や色打掛、そして色ドレスと全て着たいものです。

お色直しの回数

とはいえ、お色直しの回数が増えればそれだけ費用もかさみます。「ウェディングドレス+色ドレス」というのが多いようですが、「色打掛+ウェディングドレス+色ドレス」というのも人気です。ドレスも和装もという女性が多い中、式ではどちらかしか着用できないので、その分披露宴でという考えのようです。予算のことはありますが、晴れの舞台ですから後で「着ておけばよかった。」と後悔のないようにしたいものです。

ページのトップへ ▲

ブーケ

ブーケ

花嫁の手元といえば、ブーケが欠かせません。ブーケトスでは未来の花嫁の手にわたる重要なアイテムです。手元を華やかにしてくれるものなので、やはり生花が主流です。花の種類としては、バラが圧倒的に人気ですが、白いユリやカラーを使う人も多いです。

ブーケ

ブーケはドレスに映えるよう、良質な植物を厳選し、また型崩れしないようにアレンジする技術が必要なので、通常の花束よりも値段は高いです。最近ではブーケを手作りしたいという花嫁も多く、そのためブーケ用フラワーアレンジメントの短期講座を開いていたり、当日アレンジのサポートをしてくれるフラワーショップも増えています。値段も、講座受講1回約5000円〜とお手頃なので、初心者でも自分で作ることができます。費用も花代+サポート料(5000円〜)と納得の価格です。

ブーケはウェディングドレス用と色ドレス用の2パターン持つ人が多いようです。また、プロにアレンジをお願いするときは、ドレスとのバランスがあるので写真を用意しておくといいでしょう。

ページのトップへ ▲

アクセサリーもレンタル?

アクセサリーもレンタル?

ドレスと同じようにアクセサリー、ベール、パンプスなどの小物もレンタルすることができます。アクセサリーなどはもともと持っているものを使用したり、新しく揃える人もいるようです。しかし、お色直しの回数だけこれらの小物も変えなければならないことを忘れずに。色ドレスに着替えたときにはベールの代わりにヘッドドレスやディアラを付けたりもします。

アクセサリーもレンタル?

近頃はスワロフスキーなど、ビーズのアクセサリーも人気です。当日のために手作りする花嫁も増えています。「作ってみたいけど、やったことないから。」という方でも、ビーズショップなどで一日ビーズ教室や、短期のブライダル用アクセサリー講座が開かれているので、そちらを活用しましょう。当日、自分で作った小物で臨めばきっと幸せもひとしおです。式の後も使えるので、時間に余裕がある人はチャレンジしてみるのもオススメです。

ページのトップへ ▲