結婚のすべて

海外挙式について

海外で挙式

海外で挙式

挙式は日本で、新婚旅行で海外に、というパターンが多かったのはもう昔の話です。あこがれの国で結婚する海外挙式も珍しくなくなりました。

大まかに分けると、二人だけで海外へ行き式を挙げる・親族や身近な人と海外へ行き内輪の式を挙げる・二人で海外挙式をし、帰国後、親類友人も集めて、披露宴をする。との3パターンになります。

海外で挙式

教会結婚式をしたい人にとって、海外の本物の教会での結婚式は憧れでしょう。しかし、その国のこともよく知らず、ツテもない状態では大変です。

海外で式を挙げる場合は、海外挙式のプランを提案している会社はたくさんありますので、数社を見比べて信頼できるところを選びましょう。

ページのトップへ ▲

どの国で結婚する?

どの国で結婚する?

海外挙式で一番人気があるのは、新婚旅行と同じハワイです。それに次いでグアム、サイパン、オーストラリア、ニュージーランドと、南の島が多いです。青い空、青い海、ステキな教会と真っ白なウェディングドレスでの結婚式は、なんとも雰囲気があります。

ハワイが人気な理由としては、温暖な気候もありますが、日本語が通じますし、日本人でも挙式できる教会が多くあるからです。また、今までの海外での挙式といえば、二人きりでしたが、最近では親族や少数の友人を招くことも多くなりました。

どの国で結婚する?

そこにグアム、サイパンの人気の秘密が隠されているのです。招待客も仕事をしているとなかなか海外にまで行って結婚式に参列することができません。しかし、グアム、サイパンなら移動距離も短時間ですし、比較的日本語も通じ、ハワイと同じく日本人の挙式に理解があるので、海外挙式をしたいカップルにとってはうってつけなのです。

その上、挙式後バタバタと旅行準備をしなくても、新婚旅行も兼ねることができるので一石二鳥なようです。

ページのトップへ ▲

リーガルウェディングとは

リーガルウェディングとは

リーガルウェディングという言葉を一度は、耳にしたことがあるのではないでしょうか。

海外で挙式した際には、結婚証明書が発行されます。しかし通常はこれに法的効力はありません。ただ、この日この場所で式を挙げましたよという足跡のようなものです。この場合は、挙式前に婚姻届を出していても問題はありません。

リーガルウェディングというのは、挙式後、戸籍に「○○国で婚姻」と記載される証明書が出される結婚のことをいいます。リーガルウェディングの条件として最も注意しなければならないのは、挙式後に婚姻届を出すということです。通常の海外挙式では、婚姻届が提出済みであることを条件としていることが多いのですが、リーガルウェディングは逆です。

また、どこの国でもできるものではないということも覚えておきましょう。ハワイ、オーストリア、オーストラリア、フィジーなどの国や一部のチャペル、挙式会場のみでできるものです。また、手続きが複雑で難しいので、よほど知識がある人以外は、専門の請負会社に依頼するのがいいでしょう。

ページのトップへ ▲

海外挙式の費用

海外挙式の費用

海外挙式は通常の結婚式より費用が安く済むと言われています。その理由は招待客にあります。最近では8〜9人の招待客を招くことが多くなりました。しかし、招待客全員の交通費や宿泊費を、全て新郎新婦側が負担するのは大変ですので、ご祝儀を辞退し、一部または全額実費で来てもらうことになるのが一般的です。そうなると、かかる費用は純粋に結婚式に必要なもののみになります。

海外挙式の費用

挙式費用の相場は、20〜40万円(含衣装代)となっています。ただ、親族の希望によって帰国後に披露宴をする場合、披露宴費用はご祝儀があるので心配いりませんが、衣装代は2倍かかることになります。そういったときは、ドレスなどは購入した方がお得ですが、海外挙式のプランには衣装代も含まれていることが多いので、よく確認しましょう。挙式+新婚旅行のプランもありますので、それを考慮して国を選ぶのもいいでしょう。

ページのトップへ ▲