結婚のすべて

結婚式を挙げる

結婚式の日取り

結婚式の日取り

結婚式に人気の月は六月。ジューンブライド。。。女性の憧れです。「6月の花嫁は幸せになれる」というヨーロッパの言い伝えで、日本でも、6月の大安は1年先まで予約でうまっているところもあるくらいです。

ヨーロッパの6月はとても気候がいいです。雨が少なくて晴天がつづく時期。そんな気候もあいまって、ジューンブライドはヨーロッパでは定着しています。日本でもこの影響を受けて、女性の結婚したい月No.1はやはり6月です。でも、日本で6月というとちょうど梅雨です。晴天つづきのヨーロッパとは対照的に雨つづきでジメッとしています。 結婚式の日取り

最近は10月11月に結婚式を挙げるカップルが増えています。暑くもなく寒くもなく、秋晴れがある、ちょうどヨーロッパの6月のような気候だからでしょうか。日本では台風の時期でもありますが、めでたいことなのできっと神様も味方してくれるはずです。6月10月11月と結婚式が他の人と重なるのはイヤ!という人は、二人だけの記念日を作るのもいいとおもいます。

そして、六月大安吉日とはよく言いますが、結婚式場でも一番先に予約がいっぱいになる日ですので、大安にこだわるカップルは早めに予約をいれましょう。しかし、仏滅だからといって不幸になるわけではありません。毎週仏滅はあります。仏滅の日は必ず悪いことが起きているわけではありません。また、仏滅日の結婚式にはお得なプランを用意している会場も多くあります。費用が割引になったり、特典がついたりと逆にお得な日と割り切るのもいいでしょう。

披露宴会場を探し始める時期は、式の12ヶ月前でも早くはありません。今人気の一日一組ハウスウェディングの会場は1年前から予約でうまっていたりします。それを考えると、式の日取り決めも早いにこしたことはありません。ゆとりは全てに影響をもたらします。

ページのトップへ ▲

結婚式の日取りと六耀(六輝)

結婚式の日取りと六耀

日本では祝い事や弔い事を行う日取りの善し悪しは六輝からきています。六輝とは太陽暦(旧暦)で吉凶を定める六つの星のことで、私たちがよく耳にする大安や仏滅などがそれです。六輝によると、結婚式に好まれる日取りはやはり大安です。

太陰太陽暦では、現在と違い一週間は6日でした。六耀(ろくよう)は「六曜」といわれていたのですが、明治に入って、月火水木金土日の7曜日が浸透し、区別するために六耀または六輝と呼ばれるようになりました。

結婚式の日取りと六耀

今でも多くのカレンダーにはこの六耀が記されています。6つの要素とは先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口で、先勝は午前中が吉です。友引は凶事に友を引くということで火葬場は休み、朝晩は吉です。先負は午後が吉です。仏滅は全ての事に凶です。大安は逆に全てのことに吉です。赤口は正午のみ吉なので何事も向きません。

ページのトップへ ▲

ブライダルフェアを活用しよう!

ブライダルフェアを活用しよう!

披露宴会場は、交通の便やかかる費用だけでなく、雰囲気やお料理にもこだわりたいものです。そんなときこそ、ブライダルフェアを活用しましょう。多くのホテル、結婚式場、レストランでもブライダルフェアを開催しています。ほとんどの場合、参加自由なので開催時間内に直接行けばOKですが、料理やデザートの試食があるときは要予約のことが多いので事前に確認しましょう。結婚雑誌には、フェアのスケジュールが載っていますし、各ホームページでも告知していたりするので、気になる会場があるなら一度足を運んでみることをオススメします。

ブライダルフェアを活用しよう!

会場は複数回って比較してみましょう。「いいと思ったけど、向こうの方はもっと特典があった。」なんて後悔のないように。また、スタッフとの相性も大事です。どんなに気に入った会場でも気の合わないスタッフとでは満足のいく披露宴はできません。どんな披露宴にしたいのか、だいたいの招待客数、予算くらいは見学前に話し合っておきたいものです。当日はメモ、筆記用具、デジカメなどを持っていきましょう。

ページのトップへ ▲

招待客状を送る

招待客状を送る

結婚式まであと3ヶ月。このくらいになったらそろそろ招待状を作成して送りましょう。招待客のリストアップは披露宴会場を決めるときにある程度済ませているでしょうが、ここに来るまでにはお互い「誰を」「何人」招待するかハッキリさせておきましょう。

花婿側と花嫁側の人数は半々なのが問題もなくオススメですが、人数に偏りが出る場合は本人同士が良くても両親側は気にするものです。あらかじめお互いの両親にも相談した上で、角がたたないよう円満に決定しましょう。招待客のリストができたら、招待状を送ります。差出人は費用を持つ人にします。結婚する当人達と両親、どちらが招待するという意味合いが強いかによります。

招待客状を送る

スピーチや余興をお願いしたい人には、招待状にその旨を書いて送ります。また、前もって電話などでお願いしておくのもいいと思います。特に余興には練習期間が必要ですから、早いに越したことはありません。お願いされる側のことを考えて時期を選びましょう。

ページのトップへ ▲

ハネムーン先決定

ハネムーン先決定

式の日取りや会場も決まり、次は新婚旅行の行き先をどこにするかです。この旅行を楽しみにしているカップルはとても多いと思います。今までのように友達や恋人として行くのではなく、夫婦として初めての旅行ですので思い出深いものにしたいものです。そんな想いからか式や披露宴を質素にして、新婚旅行を豪華にするカップルも増えています。

ハネムーン先決定

決め方はいろいろです。行きたい場所があるなら、それに見あった予算を立てなければなりません。また、予算内に収めたいならそれに見あった行き先を決めなければなりません。いずれにしてもせっかくのチャンスですから、日頃行きたくても行けないようなところに思い切っていってみるのがオススメです。普通の旅行では「行きたいけどちょっと高い。」「行きたいけどちょっと遠い。」と尻込みしがちな場所は、こういう機会でもなければ一生行けないかもしれません。

ページのトップへ ▲

引き出物決定

引き出物決定

披露宴に来てくれた招待客に感謝の気持ちを込めて、結婚の記念品を贈るのが引き出物です。引き出物とはもともとお土産として差し出す馬のことで、その馬を庭から「引き出す」ことからこの言葉が来ているそうです。

昔は、縁起を担いで鰹節や鶴、亀、梅などをかたどった大きな和菓子を贈っていたのですが、近頃は実用的なものの方が好まれるようです。そのせいか、仲が割れると敬遠されていた陶器やガラス製品もよく引き出物に選ばれるようになりました。最近では受け取った人が好きな品物を選べるカタログギフトが人気です。

引き出物決定

引き出物は「お祝いのお返し」なので、披露宴での飲食費用の3割〜半額程度の品物を贈るのが一般的です。この相場にはバームクーヘンに代表される引き菓子代も含まれています。

ページのトップへ ▲


席次決定

席次決定

招待状が戻ってきて、出席者の確認ができたら席次を決めましょう。結婚式の準備においてこの席次決めというのは曲者で、よくトラブルやケンカのもとになるので慎重に進めましょう。

一般的に、新郎新婦の座る高砂に向かって左側が新郎側、右側が新婦側の席になります。そして、高砂に近い席ほど上座で、主賓、先輩、友人、親戚、家族の順に続きます。両親は下座に座ります。また、テーブルの形が長卓か円卓かによっても順番が違ってきますので、会場のスタッフとよく話し合っておきましょう。

席次決定

高砂に最も近い主賓の席には、会社の上司や恩師など目上の人を。また、会社の同僚や友人はできるだけ同じテーブルにまとめ、招待客が居心地よくすごせるように配慮しましょう。やむを得ず新婦側の友人席に新郎側の友人が一人だけ混じってしまうようなときは、あらかじめ新婦側の友人に話をして、新郎側の友人のことを頼んでおくなどの心配りを忘れずに。

ページのトップへ ▲

披露宴で流す音楽

披露宴で流す音楽

披露宴の演出を盛り上げる音楽ですが、近頃は自分達でプロデュースするカップルが増えています。好きな曲や思い出の曲、こだわりの曲などを集めて、どの場面でどの曲を流すかまで細かく携わることも可能です。

式の2ヶ月位前から選曲を始めて、MDなどに編集しスタッフと打ち合わせをしましょう。しかし、自分達で用意したからといって、披露宴の音響設備費用がかからないわけではありません。音の調整や流すタイミングなどスタッフの手がかかっています。こだわりすぎてわがままにならないよう注意しましょう。

披露宴で流す音楽

MDやCDの曲ではなく生演奏を依頼することもできます。会場で手配してくれることもあるので、相談してみましょう。費用は、楽器や人数により様々ですが5万円〜お願いできるようです。雰囲気のある会場での生演奏は、ムードも盛り上がり、幸福感もぐんとアップすることでしょう。

ページのトップへ ▲

結婚式一ヶ月前

結婚式一ヶ月前

遅くとも結婚式の一ヶ月前にはほぼ全ての手配を終えていたいものです。一ヶ月をきると、一気に慌ただしくなって、やり残しに気づいてもどうにもできない場合があるからです。二人にとって結婚式、披露宴はかつてないほどのビッグイベントでしょう。それだけに、容易は周到に。最終チェックをしてやり残しや、忘れていたことがあっても一ヶ月前ならまだ間に合います。

結婚式一ヶ月前

招待客の出欠、席次決定、席札の作成、当日の流れ、衣装決定、スピーチや余興の依頼、ブーケやケーキの手配、引き出物決定、料理や飲み物、音楽決定、遠方からの招待客の宿泊先手配、司会や受付の依頼、プチギフトの用意など細かく言えばキリがないほどチェックする項目はたくさんあります。全てをリストにして目で見える形にしておくと安心です。

ページのトップへ ▲

マリッジブルー

マリッジブルー

結婚前の女性が、「私は本当に結婚してしまっていいの?」と不安になることをいいます。一般的にほとんどの女性がかかるようで、その原因はさまざまです。新しい生活、パートナーとの未来、独身生活への未練、パートナーの家族に受け入れられるか、結婚後の仕事などが多いようです。マリッジブルーは女性がかかるものと思われがちですが、男性もかかることがあるようです。

マリッジブルー

結婚が決まり、式の日取りが近づくにつれて周期的に不安になり、深刻な場合は結婚を取りやめてしまう人もいます。しかし、結婚してしまえば「なぜあんなに不安だったのだろう?」と不思議に思う人がほとんどなので、あまり心配しないようにしましょう。

結婚前に不安にかられて結婚を迷ったら、それはマリッジブルーです。信頼できる友人や経験のある既婚者に相談し、一人で抱えこまないことが一番の解決方法です。

ページのトップへ ▲