結婚のすべて

スピーチ等を頼まれたら

スピーチを頼まれたら

スピーチを頼まれたら

新郎新婦にスピーチを依頼されるというのは光栄なことです。「緊張する〜」「何話していいかわからない」と敬遠する人もいますが、せっかくの晴れの日です。めでたい二人の心に残るスピーチをしたいものです。

同時に会場にいる人たちも楽しめる内容を考えましょう。新郎新婦にまつわるエピソードを織り込んだり、主役の二人に質問する形式にしたり。たいていの場合、招待客にとってスピーチは食事に専念する時間です。そんな中、招待客を注目させることができたら、あなたのスピーチはたいしたものです。

スピーチを頼まれたら

ただし、過去の恋愛関係や暴露話はご法度です。その場にいる人がほんわかするような内容を考えましょう。話すときはゆっくり、はっきりを心がけ、どんなときでも長すぎるスピーチは好まれません。時間にして3分くらいが適当です。

ページのトップへ ▲

スピーチを頼まれたら〜内容編〜

スピーチを頼まれたら〜内容編〜

まずはやはりお祝いのことばからでしょう。「○○君、△△さん本日はおめでとうございます。」そして会場に向かって自分の自己紹介を軽くして、思い出やエピソードを紹介する中で、新郎(新婦)の人柄を話したり、二人へのメッセージを伝えます。

メッセージは、はなむけの言葉です。暗い話やお説教は避けましょう。あなたが既婚者ならば、夫婦円満の秘訣やアドバイスなどをそれとなく話してもいいでしょうし、未婚者ならば、新しい生活を始める二人への励ましや応援の気持ちを話してもいいでしょう。

スピーチを頼まれたら〜内容編〜

そして締めは「本日は本当におめでとうございます。」「末永くお幸せに。」と再度お祝いのことばで締めくくって、自分の席に戻ります。スピーチを手紙にして新郎(新婦)に渡すときは、このときに渡してかまいません。「家に着くまでが修学旅行」と同じで、席に着くまでは気を抜かないことが大事です。

ページのトップへ ▲

司会を頼まれたら

司会を頼まれたら

最近はごく内輪で行う結婚式も増えています。立食パーティ形式で少人数の友人と家族だけで、というときには司会者も身近な人に依頼するケースが多いようです。

もしも頼まれたら快く引き受けたいものですが責任は重大です。脅かすわけではありませんが、披露宴は司会者に進行よって左右されます。場がしらけてしまったときなど、フォローして再び盛り上げたり、予期しない展開が起きてもうまく軌道修正しなければなりません。

司会を頼まれたら

進行の仕方はあらかじめ入念に打ち合わせをしましょう。新郎新婦が望む雰囲気の披露宴を演出するのに司会者の話し方や、振る舞いは大事なポイントです。数人で司会をするときには顔合わせや、リハーサル、打ち合わせをきちんとしましょう。当日は、2時間前には会場に入り新郎新婦や親族と最終打ち合わせをします。

台本を用意して時間と心に余裕を持った進行をし、失敗したり台本どおりにいかなくても、動揺せず堂々と進行しましょう。多少のアドリブはいいスパイスになります。

ページのトップへ ▲

余興を頼まれたら

余興を頼まれたら

余興は堅苦しくなりがちな披露宴を盛り上げるポイントです。会場が明るくなるような芸を披露したいものです。ただ、盛り上げようとしすぎていき過ぎたり下品にならないように注意しましょう。また、自分だけが盛り上がって場が引くのは最悪の結末です。下準備は念入りに。

余興を頼まれたら

芸といっても、なにもお笑い芸人にならなくても、心がこもっていればいいんです。よくあるのはてんとう虫のサンバを歌ったり、楽器の演奏です。普段習っているダンスを披露したり、手品を見せたり。新郎新婦にまつわる劇をしてみるのもおもしろいでしょう。たいていは友人同士、同僚同士とグループで依頼されるので、話し合って楽しめる余興を考えてください。

また、時間は後の人のことや進行を考えて長すぎないように。準備が必要な場合は、早めにスタンバイしましょう。

ページのトップへ ▲

二次会の幹事を頼まれたら

二次会の幹事を頼まれたら

もともと二次会は披露宴に来られない人に、新しく夫婦となったお互いのパートナーを紹介するために行われていました。今では披露宴→二次会がパターンですが、二次会のみに参加する人もいます。幹事を依頼されたら、そんな人たちも披露宴の雰囲気を味わうことができるように工夫しましょう。幹事といえども決して一人で全て請け負う必要はりません。新郎新婦と綿密な打ち合わせをし、どんな二次会にするか決めたら、何人かヘルプに声をかけましょう。

二次会の幹事を頼まれたら

当日は司会、受付、裏方などさまざま仕事があるので、チームの方が断然いいです。披露宴会場から来る人にも便利な立地のお店を選び、会費は手頃な金額に。二次会のプログラムにはゲームや、披露宴での写真、映像をおり込んだりして雰囲気を盛り上げましょう。一番気をつけなければいけないのは、赤字を出さないことです。そのためには、お店の人ともよく話し合っておくことが大事です。

ページのトップへ ▲