結婚のすべて

ご祝儀

ご祝儀について

ご祝儀について

中身が見えないご祝儀。「いくら包んだ?」・・・後で自分より多い友人の声を聞いて「しまった!」という経験がある人も多いでしょう。本来、ご祝儀には相場はありませんが、結婚する当人との関係や年齢によって実際はそれぞれある程度決まった額があるようです。

最近では会費制の披露宴も増えました。会費1万円というのはよくありますが、会費だけでは何か気が引けるという方には、別にプレゼントなどを用意するのがお勧めです。当日は受付で預かってくれるところもあれば、式中に渡す機会をもうけてくれるところもあります。あらかじめ確認しましょう。

一般に、お札の向きはお祝い事の場合は表向きに、弔い事の場合は裏向きにします。ご祝儀を内袋に入れる場合、お札は、顔が袋の表の下になるように揃えましょう。

ページのトップへ ▲

ご祝儀の額

いくら相場がないといっても、年齢や関係などでだいたいの決まった額はあるようです。例えば、結婚する人との関係が友達なら、10〜20代前半では、2〜3万円。20代後半〜30代前半では、3〜4万円。関係が上司ならさらに1万円ほど上がり、親族なら5〜10万円包む人が多いようです。

ご祝儀の額

上限には限りがないので、困りませんが、問題は下限ですよね。自分の年齢と相手との関係を考慮して、また上の金額と照らし合わせて妥当な額を選んでください。

ご祝儀にするお札は、あらかじめ銀行でピン札に交換しておきましょう。結婚は新しいスタートですから、折れのないお札でというのがマナーです。また、偶数額は割り切れることから「仲が割れる」ということで縁起が悪いとされています。奇数額にするか、偶数額になるときは5千円札を入れるなどして、偶数枚数になるようにしましょう。

ページのトップへ ▲

ご祝儀袋はどれを選ぶ?

ご祝儀袋はどれを選ぶ?

祝儀袋は「結びきり」という真結びやあわび結びの水引きが使われたものを使用します。この結びは解けないので、何度も繰り返さない(結婚は一度きり)、また固く結ばれるという意味で結婚祝などによく使われるものです。色が白黒になると弔事にも使われます。

花結びという、いわゆる蝶々結びのものは何度くり返してもよいお祝い事に使われますが、簡単にほどけるので、結婚祝いには向きません。

水引きの色は白黒以外のものを選びます。金や銀、赤が一般的ですが、何色か混合になったものやパステルカラーのものもあります。100円ショップでも購入できますが、ただの入れ物だからとあなどらず大切な人ならなおさら、ある程度の金額のものを使用しましょう。

ページのトップへ ▲

ご祝儀袋の書き方は?

ご祝儀袋表の水引きの上には「寿」「御祝い」「結婚祝い」など、水引きの下にはそれより少し小さめの字で自分の名前を書きます。何人かの連盟で渡すときには、まず一番目上の人の名前を中央に書き、それから左に向かって順番に書きます。4人以上なら代表者の名前に外一同と書きたして、内袋に全員の名前を書きます。

ご祝儀袋の書き方は?

内袋にも表の中央には金額を、裏には自分の住所と名前をしっかり書きましょう。筆や万年筆などを使い、黒で丁寧に書きます。当然ですがボールペンや色ペンは使わないようにしましょう。意外に困るのがご祝儀袋に書く名前ですよね。普段筆を使うことがなかったり、字に自信のない人もいるでしょうが、だからといってワープロ打ちは失礼です。下手は下手なりに気持ちをこめて書けばいいのです。

ご祝儀袋にお札を入れたら、上側を先にたたみ下側が上になるようにします。「運が上にむくように」との意味からです。そして、持っていくときにはふくさや小さな風呂敷に包んで持っていくのがマナーです。

ページのトップへ ▲

ご祝儀〜挙式のみに出席する場合〜

ご祝儀〜挙式のみに出席する場合〜

挙式→披露宴というのが一般的ですが、結婚する当人側の事情や、招かれた方の事情で挙式のみに参加する場合、ご祝儀は必要ありません。ただ、お祝いの気持ちとして渡すのは決して悪いことではないので、臨機応変に。

そのときに注意することは、結婚する二人に気を遣わせないことがマナーです。当人達が「式に出てくれるだけで嬉しい」といってるのに、こちらが気を遣ってご祝儀を渡したりしたら、かえって新郎新婦の負担になります。

それでも「なんだか気が引けるなぁ」という方は、お花やプレゼントを渡したらいかがでしょう。それならもらう側も受け取りやすいし、お祝いの気持ちもじゅうぶん伝わると思います。

ページのトップへ ▲

ご祝儀〜2次会のみに参加する場合〜

ご祝儀〜2次会のみに参加する場合〜

2次会は披露宴よりも気楽になります。披露宴のような形式的なものはないので、ご祝儀は必要ありません。通常2次会は会費制なので、それ以外に気持ちとして何か渡したければ、やはりお花やプレゼントがいいのでしょう。しかし、翌日からハネムーンに行くというカップルも少なくないのでなま物は避けた方がいいかもしれません。

プレゼントにはカードを添えて、お祝いの言葉をかけてあげましょう。ラッピングを工夫したり、手書きのカードを添えたりするだけで、ちゃんと気持ちが伝わって新郎新婦に喜ばれるはずです。

何人か連盟でプレゼントを渡す場合はあげられる物の幅もぐんと広がって、新婚生活に必要な物を揃える手助けができるかもしれません。

ページのトップへ ▲

ご祝儀〜披露宴に欠席する場合〜

ご祝儀〜披露宴に欠席する場合〜

せっかく招待状が届いたのに、どうしても都合がつかなくて出席できないという場合は、まず招待状にその旨を書いて丁寧にお断りしましょう。決して「忙しいから」などと書いてはいけません。どうしても抜けられない仕事などの場合には「やむをえない事情があり」などと、ぼかして書きましょう。

「披露宴には出席できないけど、ご祝儀は渡した方がいいの?」・・・こうしたらいい、という正解はありません。ただ、せっかく招待してくれたわけですから、何かの形でお祝いしてあげたいものです。そんなときには、電報を送ったり、ご祝儀を郵送するという方法があります。お金をきちんとご祝儀袋に包んで、それをさらに現金書留などの封筒に入れて送ります。金額は、出席する場合の半額くらいでいいでしょう。

「郵便で送るのはなんだか失礼な気がする」と思う人もいるかもしれませんが、遠くに住んでいてなかなか会う機会がないのなら仕方がありません。友人に頼んで人づてに渡す方が、実は失礼なんです。

ページのトップへ ▲

ご祝儀〜夫婦で招待された場合〜

ご祝儀〜夫婦で招待された場合〜

ご祝儀袋を別にする場合は、単純に通常の人×2でいいでしょう。でも、夫婦で招待されたら普通はご祝儀袋はひとつにまとめます。そんなとき、通常×2人にしてしまうと、偶数金額になってしまいます。割り切れる額は、夫婦が別れるというので縁起が悪く、そのため3〜5万円を包む人が多いようです。しかし、4という数字は「死」を連想させるので避けましょう。

年齢や、新郎新婦との関係から5万円では少ない・・・という人は偶数額にならないよう増額しましょう。ただし、9という数字は「苦」を連想させるので避けるように!兄弟や親族ならば10万円つつんでも、偶数ですが問題ありません。

また、5万円では少ないけれど7万円はちょっと・・・という人は5万円のご祝儀のほかにプレゼントをプラスするというのもいいでしょう。

ページのトップへ ▲

ご祝儀〜子供同伴で招待された場合〜

ご祝儀〜子供同伴で招待された場合〜

お子さんの年齢が1〜5歳で親の膝に座っていられるようなら、お子さんの分のご祝儀は考えなくてもいいでしょう。ただ、親族などでお子さんの分の席も設けられているなら別です。大人ほどではににしろ、5千円〜大人の半額ほどを、ご祝儀に上乗せして包みましょう。

小さい子がドレスアップした姿で結婚式場にいるのは、なんともほのぼのするものです。新郎新婦だけでなく、まわりの来客も幸せな気持ちが高まります。こどもはまさに天使です。しかし、天使といえども未熟な人間。披露宴の間じゅう、おとなしく座ってなんていられません。ぐずりだすかもしれないし、走り回るかもしれません。他の方々に迷惑がかからないよう、お子さんが好きなぬいぐるみや絵本などを持っていき、なるべく静かにしていられるようにしましょう。

また、お色直しのときなどを見計らって、お子さんを気分転換に連れ出してあげるのもいいかもしれません。

ページのトップへ ▲