結婚のすべて

結納

結納とは

結納とは

双方の家族が二人の結婚に賛成してくれたら、次は結納です。結納(ゆいのう)とは日本の伝統的な婚約の儀式です。他人であった両家がこれから家族となる決意として、婿側がその誠意を示す奇数品目の決まった結納品や結納金を嫁側に納め、二人の結婚を認めてもらうお伺いをたて、嫁側がそれを受け取れば婚約成立です。嫁側は結納返しをし、これによって、二人の婚約は正式なものとなります。口約束だけの婚約から公に認めてもらった正式な婚約となるのです。

結納とは

日本の伝統が薄れていく今、最近は仲人を立てないカップルも大勢います。それと共に、結納をせずに両家の顔合わせとして、食事会を開くのみということも増えています。両家ともさまざまな負担が軽減されるので、楽ではありますが、日本人としては少し残念な気がします。

結納とは、結・・・むすぶ、納・・・うける、つまりは結婚をお受けいたしますという意味です。

ページのトップへ ▲

結納の日取り

結納の日取り

結納は結婚式の半年〜3ヶ月前までには行いましょう。同じように子供を送り出すとはいえ、花嫁の父親の心境は特に複雑なものです。婿養子をもらう場合でも、巣立ちという意味では花嫁の父親には気持ちを整理する時間が必要です。結納、挙式とバタバタと過ぎてしまうのはかわいそうですし、式に近づくにつれてスケジュールは慌ただしくなります。。時間にも心にも余裕のあるうちに行いましょう。

結納の日取り

「本日は御日柄もよく。。。」といいますが、中国の占いである六輝(六曜)からきています。これは毎日の吉凶を表したもので、大安、友引、先勝、先負、赤口、仏滅とカレンダーにもよく書かれています。結納は一般に大安、先勝、友引の午前中に始めるのがいいようです。仏滅、先負、赤口といった日は出来るだけ避けましょう。

ページのトップへ ▲

正式結納

正式結納

正式結納とは一般に、仲人が両家を往復して双方の結納品を届ける方法です。仲人はまず婿側の家に向かいます。父親あいさつ→仲人口上を述べる→仲人結納品を預かり、風呂敷を結ばずに包み、嫁側の家へ

嫁側の家に到着。娘か父親あいさつ→仲人口上を述べる→仲人婦人は婿側からの結納品を娘の前に運ぶ→父親、娘の順でお礼を述べる→父親仲人に受書を渡す→母親婿側に渡す結納品を仲人に託す→仲人結納品を包み、再び婿側の家へ

正式結納

婿側の家に到着。仲人受書を渡す→息子か父親がお礼を述べる→仲人婦人は嫁側からの結納品を息子の前に運ぶ→受書を仲人に渡し、父親は口上を述べる→仲人受書を包み、再び嫁側の家へ

嫁側の家に到着。仲人受書を娘に渡し、口上を述べる→父親がお礼を述べる→祝い膳で仲人をもてなし、お礼金を渡す→終了

ページのトップへ ▲

関東式の結納飾り

関東式の結納飾り

関東地方では、一台の白木の片木盆に9品目の結納品をのせる一台飾りが正式とされています。略式として7品目、5品目の結納品がのる場合もあります。婿側は「金包(金封)」に「御帯料」として結納金を入れて嫁側に贈り、嫁側も同様の結納品に「御袴料」として帯料の半額程度を「金包」に包んで贈るのが一般的です。

関東式の結納飾り

9品目の結納品は@目録書(モクロクショ)・・ 結納品の内容を記したものです。A長熨斗(ナガノシ)・・ あわびをのして乾燥させたもので長寿延命の象徴です。B金包(キンポウ)・・ 男性からの結納金は「御帯料」(関西、中部では「小袖料」)、女性からの結納返しは「御袴料」と書いて包みます。C勝男節(カツオブシ)・・ 鰹節は男性の力強さの象徴です。D寿留女(スルメ)・・ スルメは不時に備える食糧で、生命力を意味します。E子生婦(コンブ)・・ 昆布は「喜ぶ」に通じ、子孫繁栄を願うものです。F友白髪(トモシラガ)・・ 麻糸は白髪に例えて、夫婦が白髪になっても仲良くいるようにとの意味です。 G末広(スエヒロ)・・ 白無地扇子は純白無垢を意味し、また末広がりの繁栄を願うものです。H家内喜多留(ヤナギダル)・・ 本来は酒樽を送りますが、酒二升分程度の金額を、「酒肴料」として包みます。 で、略式として、7品目で行う場合は@ABDEFG、5品目で行う場合は@ABFGを用意します。

ページのトップへ ▲

関西式の結納飾り(大阪)

関西式の結納飾り(大阪)

大阪では、5品目の結納品をそれぞれ献上台に乗せるのが正式とされています。結納品目は、奇数(陽の数)ならば何種類でもかまいません。ただし、熨斗、末広の2品目は結納に必ず必要なので、略式で品目を少なくしてもこの2品目だけははずせません。婿側は「小袖料」として、嫁側に結納金を贈ります。このとき、結納金の1割程度を「松魚料」と「家内喜多留料」としてそれぞれ包みます。

関西式の結納飾り(大阪)

9品目の結納品は @熨斗(ノシ) A末広(スエヒロ) B小袖料(コソデリョウ)又は帯(地)料 C結美和(ユビワ) D高砂(タカサゴ) E寿留女(スルメ) F子生婦(コンブ) G松魚料(マツウオリョウ) H柳樽料(ヤナギダルリョウ) で、略式として7品目で行う場合は@ABCDGH、正式5品目で行う場合は@ABGHを用意します。

ページのトップへ ▲

中部式の結納飾り

中部式の結納飾り

中部では大阪のように結納品をそれぞれ献上台に乗せますが、7品目が正式とされています。略式で5品目、3品目になることもあります。婿側は「小袖料」として、嫁側に結納金を贈ります。このとき、結納金の1割程度を「酒肴料」として包みます。中部地方では、小袖料は給料の3ヶ月分が目安とされていますが、これには贈る相手に自分の懐を知らせる意味合いがあります。

中部式の結納飾り

9品目の結納品は @目録書(モクロクショ) A熨斗(ノシ) B小袖料(コソデリョウ) C酒肴料(サケサカナリョウ) D寿留女(スルメ) E友白髪(トモシラガ) F子生婦(コンブ) G末広(スエヒロ) H結美和(ユビワ) で正式7品目で行う場合はABCDEFG、5品目で行う場合はABCEG、3品目で行う場合はABCを一緒にした金子箱Gを用意します。

ページのトップへ ▲

略式結納

略式結納

両家、仲人が一同に会して行う結納です。場所は仲人の家、両家どちらかの家、ホテルで行うなどさまざまです。やりとりは全て仲人を通して行われるので、一方の家族がやり取りしている間は、もう片方の家族は見ているだけとなります。一緒に礼をしたりしないように注意しましょう。

略式結納

まず、結納品をそれぞれの上座に飾っておく→仲人あいさつ→婿側父親あいさつ→婿側母親結納品を仲人に運び、父親説明→仲人婦人娘に結納品を運ぶ→父親、娘の順でお礼を述べる→嫁側母親受け取った結納品を飾る→仲人に受書を渡し、父親口上を述べる→仲人受書を受け取る→嫁側母親結納品を仲人に運ぶ→仲人婦人受書を息子に渡す→息子お礼を述べる→仲人婦人息子に結納品を運ぶ→父親、息子の順でお礼を述べる→婿側母親受け取った結納品を飾る→仲人に受書を渡し、父親口上を述べる→仲人婦人受書を娘に渡し、父親がこれを受けお礼を述べる→仲人絞めのあいさつ→婿側父親お礼を述べる→終了

ページのトップへ ▲

仲人を立てない結納

仲人を立てずに両家のみで結納を行うカップルも増えています。場所は両家どちらかの家またはホテルで行われることが多いようです。仲人に払うお礼金もなく、両家のみで比較的楽にできる形式です。

結納品はそれぞれの上座に飾っておく→婿側、嫁側の順で入室し、立ったまま本人、両親の順であいさつ→着席→婿側父親あいさつ→婿側母親結納品を娘に運ぶ→婿側父親説明→娘お礼を述べる→嫁側母親、受け取った結納品を飾る→受書を息子に渡し、嫁側父親口上を述べる→嫁側母親結納品を息子に運ぶ→嫁側父親説明→息子お礼を述べ、一同礼をする→婿側母親、受け取った結納品を飾る→受書を娘に渡し、婿側父親口上を述べる→嫁側父親、受書を受け取る→一同起立→婿側父親あいさつ→嫁側父親あいさつ→一同礼をする→終了

ページのトップへ ▲

結納をせず、顔合わせのみ

最近は形式ばった結納を敬遠して、顔合わせのみを行う家族も増えています。仲人を立てたり結納品を揃える手間を省いた、もっとも簡単な形式です。

顔合わせには食事会を開くのがもっとも一般的です。両家のスケジュールを調節して、日取りを決めましょう。仲人がいる場合は、仲人が全てを仕切りますが、この場合は仲人はいないので当日までは結婚する当人たちが場所を決めたり、スケジュールを調整したりします。場所は、ホテルやレストラン、嫁側の家で行うことが多いです。

結婚式や披露宴は当人たちで決めることが多くなりましたが、結納はまだまだ親の出る幕のようです。食事界とはいえ、当日は両親をたててあげましょう。食事をする会話の中で、自然にお互いの家族を紹介し、打ち解けやすい雰囲気作りを心がけて。

ページのトップへ ▲

仲人(なこうど)

仲人

近頃は恋愛結婚が一般的になっていますが、かつてはお見合い結婚が主流でした。仲人はお見合いのセッティングから結納、挙式、披露宴にいたるまで、男女をとりもつ全てに関わる重要な存在でした。双方の親代わりとして、両家ともに角が立たないように間をとりもつのが役割です。

今でもお見合い結婚の場合は必ず仲人を立てますが、恋愛結婚の場合は必ずしも立てる必要はありません。しかし、核家族が増え、両親以外に頼れるところが少なくなってきた今、何かと面倒をみてくれる仲人は頼もしいものです。当人同士、両家で意見が一致しているのならば仲人を立てしましょう。

仲人

仲人をお願いする相手には、新郎の上司や先輩、親族、恩師などがあげられますが、結婚する二人のことをよく知っていて、目標となるようなステキな家庭を気づいている夫妻にお願いしましょう。式が終わって新婚旅行から戻ったら、お土産をもって真っ先にあいさつに向かいましょう。また、事ある毎のあいさつや報告も忘れずに。

ページのトップへ ▲

口上

口上

口上とは、結納のときに述べる決まったあいさつのことです。結納品または結納返しを渡すときは「幾久しくお納めください。」、受け取るときは「幾久しくお受けいたします。」このように「幾久しく」の繰り返しが結納の基本口上です。

仲人が取り仕切る場合には、はじまりのあいさつとして「本日はお日柄もよくまことにおめでとうございます。」から入ります。そして終わりのあいさつとして「これにて○○家○○家のご結納が相整いました。本日はまことにおめでとうございます。」で締めくくります。

口上といっても、これから親族となる間柄なのであまり堅苦しく考える必要はないと思います。最初が肝心といいますが、一番大切なのは「気持ち」ではないでしょうか。誠意が伝わればいいのです。

ページのトップへ ▲

結納返し

婿側からいただいた結納品に対して「こちらこそよろしくお願いします」という意味を込めて、お返しの品を贈るのが結納返しです。本来は結納後日、または式の1〜2週間前に嫁入り道具持参のときに行うものですが、最近は結納の日に返す、同時結納が多くなっているようです。

結納返し

結納返しは必ずしなければないないものではありません。ただ、何かいただいたらお返しをするのが日本人の特性です。関東ではよく半返しといわれますが、1割ほどを袴料として贈るか、最近多いのは袴料に代わるプレゼントを贈る方法です。時計やスーツなどが例としてあげられますが、中にはノートパソコンなんて人も。。。!?相手に欲しいものをリクエストしてもらってプレゼントするのもいいでしょう。

正式に結納返しをする場合は、中身をいただいた結納品と同等か控えめにします。嫁側の品が婿側よりも立派にならないように注意しましょう。

ページのトップへ ▲

結納品

結納品は、現在では飾りものに変わってきましたが、昔は食べるものや身につけるものなど現物で納めていました。婿側の家が嫁側に対して、「大事な娘さんをください」という意志と誠意の証として、目に見える形で表したのが始まりです。

結納品

正式には9品目ですが、略式で7品目や5品目にすることもあるようです。しかし、いずれの場合も奇数品目であることが重要!ご祝儀と一緒で「割り切れない=夫婦が別れない」との意味があります。種類や内容は地方によって違いがあるようです。

最近は結納品をセットで販売している専門のお店もあります。一つ一つ自分でそろえなくてもいいので便利ですね。

ページのトップへ ▲

受書

受書

結納の品をいただいたとき、また結納返しをいただいたときに渡すのが「受書」です。これは買い物をしたときにもらう領収書のようなもので、「確かに受け取りました。」という証です。

受書には結納品の品目、「右幾久しく目出度御受納仕候也」等のことば、日付、署名、宛名を書きます。本来は、結納品を受け取ったときに、嫁側がその場で筆書きをし渡していました。しかし、最近は筆を使う人も少なくなりました。事前に受書を用意するには、結納品目を知っていなければなりません。そこで今では婿側が目録と一緒に受書を用意することも多くなりました。結納品を受け取った嫁側が、受書との品目を確認して、捺印や署名をしお返しすることになります。

結納品目を書いた目録は必ず必要ですが、両家が一同に集まりその場で受け取りが確認できる略式結納のときは、受書は必ずしも必要ではありません。

ページのトップへ ▲